ハーイ、カラです。
はじめて礼拝に参加するケーコちゃんとメンバーのセディと一緒に礼拝に出席するところで、3階まで上がってきました。
 
3階のロビーに受け付けがあります。(右の写真)
ここで「礼拝プログラム」が渡されるよ。
また礼拝で使う「聖書(新改訳)」「新聖歌」を貸し出しているので、持っていなかったら借りてね。

受け付けがすんだら、礼拝堂にどうぞ!
座席自由だけど、案内係が席に案内してくれるよ。
前奏の後、司会者が「これから、○月○日の礼拝を始めます」と宣言して礼拝が始まるよ。
礼拝はプログラム通りに進んでいくんだ。
ケーコちゃん、プログラムを見て、何かわからないことあるかな?
「さんび」って賛美歌のことなの?
プログラムの「さんび」以外にも「賛栄唱(さんえいしょう)」「頌栄(しょうえい)」も神様をほめたたえる歌で、「新聖歌」の中の歌だよ。
週報の番号に対応する所を開いてね。礼拝堂の左前方のスクリーンにも表示されるよ。
右のプログラムの※のついたさんびは「ワーシップソング」といって聖歌に比べて現代的な歌で、歌詞は週報の中にのっているんだ。
わたし、まだ「お祈り」がよくわからないんだけど。
お祈りは、神様とお話をすることで、クリスチャンは目を閉じて、手を組み、心を祈りに合わせているんだよ。
ケーコちゃんは心を静めてお祈りを聞いているだけでいいよ。
みんなが「アーメン」と言うのは、「そのとおりです」という意味なんだ。
「献金」があるのね。「献金」って、入場料のようなものかしら?
献金は神さまへの感謝を自由意志で表わすもので、入場料なんかじゃないよ。
前の席から献金箱がまわってくるけど、献金箱を隣や後の人にそのまま渡しても構わないよ。
献金はどれだけするかではなく、喜んでささげることが一番大切なんだ。
礼拝の前にある「分級」って?
「礼拝」の前に、内容別に分かれてクラスをもっているんだよ。
子どもや中高生向けには、幼稚科、小学下級科、小学中級科、小学上級科、中学科、高校科があるよ。中学1年のケーコちゃんは、セディと同じ中学生科だね。
成人向けには3つのクラスがあるんだけど、礼拝堂では、初めての人向けのクラスがあるよ。

ケーコちゃん、セディ、そろそろ礼拝が始まるよ。